私は15年前に実父を亡くしました。その父と同じくらい大切に思っている恩師がいます。
その恩師には「医師としての心得」だけでなく、「人間としての生き方」も教えていただきました。

恩師との直接の関わりは、年数で考えるとわずか8年ほどでしたが、それでも若く多感な時期にその恩師からはたくさんのものを吸収させていただきました。
私が今もこうして診療を続けていられるのは、その恩師のおかげだと思っています。

5年前になりますが、その恩師のご自宅にお邪魔したことがありました。
お目にかかって私の気持ちを直接お伝えしました。

恩師から教えていただいた言葉をひとつひとつあげて、感謝の意をお伝えしたのですが、『わし、そんなこと、言ったかなあ・・・』と、とぼけておられました。
その恩師も今年、米寿を迎えられます。

5年前の別れ際に『5年後、中村先生(恩師)が米寿を迎えられたら、是非、大阪にお越しください。私は立派に先生をご招待できるように頑張ります。』と大見得を切ったものの、5年たった今も全然立派になれていない私はいったいどうしたらいいのか・・・。
正直、頭を悩ませています。本当にどうしたらいいのでしょうか。

このブログ書き終わったら、とりあえず、恩師に電話してみようと思います。

ああ、緊張する~(汗)!!




-----
大阪市中央区の「はやしレディース肛門・泌尿器クリニック」です。
地下鉄長堀鶴見緑地線
「松屋町駅」5番出口より徒歩2分
地下鉄谷町線・鶴見緑地線
「谷町六丁目駅」5番出口より徒歩4分

【公式ホームページ】
http://www.hayashi-lady.com/
肛門外科・泌尿器科・乳腺科・婦人科・漢方治療