はやしレディース肛門・泌尿器クリニック

大阪市中央区のはやしレディース肛門・泌尿器クリニックの院長ブログです。 日々の雑感や医療に対するお話しなどを、およそ週1回のペースで更新しています。

2016年12月

今年もお世話になりました!

今年は、今までにない2つの大きな経験をしました。

一つは心臓が止まってしまったこと、そしてもう一つは人の優しさを骨身に感じた経験です。

心臓が止まってしまった経験は、多大なご迷惑を皆様におかけしてしまい、二度と繰り返してはいけないと、深く反省しております。
自分の体力を過信しておりました。
一度失った命をもう一度与えられたような感覚、生まれ変わったようなこの気持ちは、これからの人生を生きていく上で私の強い支えになると思います。

もう一つの経験、骨身に染みた人の優しさとは、こんなに迷惑をかけてしまった私に対する患者様の優しい対応と、こんな私についてきてくれたスタッフの大きな愛情です。
これにはどれほど感謝しても、感謝しつくせるものではありません。

ただただありがたく、生きていて本当によかったと思います。
大変な一年ではありましたが、たくさんのものを得た一年でもありました 。

自分にできることは微力ですが、それでも大きな目標に向かって進んでいきたいと思います。
来年もよろしくお願いします。



-----
大阪市中央区の「はやしレディース肛門・泌尿器クリニック」です。
地下鉄長堀鶴見緑地線
「松屋町駅」5番出口より徒歩2分
地下鉄谷町線・鶴見緑地線
「谷町六丁目駅」5番出口より徒歩4分

【公式ホームページ】
http://www.hayashi-lady.com/
肛門外科・泌尿器科・乳腺科・婦人科・漢方治療 

由紀先生、お久しぶりです!

私の尊敬する大好きな関口由紀先生が、先日横浜から大阪に出て来られました。
久しぶりの対面に、それも予期していなかった対面だけに、感激もひとしおでした(思わず涙が・・・)。

その先生から意外な話が出てきました。
全身脱毛の話でした。

今の全身脱毛は手頃な値段で、医師ではない若い女の子達によって施術されています。
別段大きな事故を起こすこともなく、そのこと自体に私は何もいうつもりはありませんが、その全身脱毛に関口由紀先生が介入されるという話に驚きました。

先生の脱毛のコンセプトは、『近い将来、介護を受けるかもしれない中高年の女性の皆様が、介護を受けるようになってから、陰部の処理をしてもらう際に、介護の人たちに気を使わなくてもいいように、今のうちにムダ毛(陰毛)の処理をいたしましょう』というものでした。

「なるほど!!」と、いつものことながら先生のユニークな視点に感心したものの、いざ自分が全身脱毛するかということになると、ちょっと無理かも(汗)・・・と。

しかしながら、横浜ではそれが中高年の女性に受けられ、流行っているそうです。

大好きな先生の提案をすぐに受け入れられなかった自分に対する嫌悪感と、横浜におられる先生との距離を感じてしまった、少し寂しい瞬間でした。

でも、関口由紀先生との久しぶりの対話はとても楽しいもので、時間を忘れてしゃべりこんでしまいました。

関口由紀先生、是非また大阪に来てくださいね!



-----
大阪市中央区の「はやしレディース肛門・泌尿器クリニック」です。
地下鉄長堀鶴見緑地線
「松屋町駅」5番出口より徒歩2分
地下鉄谷町線・鶴見緑地線
「谷町六丁目駅」5番出口より徒歩4分

【公式ホームページ】
http://www.hayashi-lady.com/
肛門外科・泌尿器科・乳腺科・婦人科・漢方治療 

おしりの負担

『なぜ私は痔になったのですか?』と外来でよく聞かれます。

もちろん遺伝的なものが原因の多くを占めるのでしょうが、遺伝にも器質的なものと環境(行動)的なものがあると思います。

器質的なものはどうしようもありませんが、環境的なものはちょっとした日常生活の意識の改善によって防げると思っています。

痔にならないための予防策は通常外来で説明していますのでここでは省略しますが、この予防策を実践することは重要です。
とにもかくにも肛門に負担をかけないことが大切なのです。

たとえば、座っている状態から立ち上がる時、肛門にはすごく大きな力がかかっています。おしりには、大変な負担が強いられているのです。
私達は座っている状態から立ち上がるというこの動作を、生まれてから今日まで何十万回繰り返したことでしょう?
「立ち上がる動作の積み重ね」と「排便時の力み」が、痔の形成に大きな影響を及ぼしたと考えていいと思います。

ですから、今日から簡単にできること、それは『座っている状態から立ち上がる時におしりの穴をぐっと締める』ということです。これだけでも、肛門にかかる負担はぐっと減ります。

痔の遺伝を感じておられる方は、ぜひ意識して立ち上がる時におしりの穴を締めてください。
もちろん、アルコールの取りすぎには要注意を!



-----
大阪市中央区の「はやしレディース肛門・泌尿器クリニック」です。
地下鉄長堀鶴見緑地線
「松屋町駅」5番出口より徒歩2分
地下鉄谷町線・鶴見緑地線
「谷町六丁目駅」5番出口より徒歩4分

【公式ホームページ】
http://www.hayashi-lady.com/
肛門外科・泌尿器科・乳腺科・婦人科・漢方治療 

気分を害されてしまった患者様?

外来診察をしていると、まれに不機嫌そうな表情をされた患者様がいらっしゃいます。

不機嫌そうに見えて、実は不機嫌ではないのか?
それとも当院の対応に不備があり、患者様を不愉快にさせてしまうような、失礼な言動があったのか?
診察の合間に考えこんでしまう、今日この頃です。

当院の中が寒い?暑いのか・・・?
ひょっとして変な臭いがするのか・・・?
私の発した何気ない一言が、患者様を傷つけてしまったのかな・・・
ひょっとしてスタッフ・・・?

いやいやそんなことはないはず。
当院のスタッフは、私が言うのもなんですがとても穏やかで優しく、品のいい人たちばかりです。

それではまさか・・・
予約制にも関わらず患者様を待たせ過ぎたから・・・?

考えると次から次へと思いがよぎり、きりがありません。

私だけでなく、当院のスタッフも『患者様に笑顔(^o^)で帰っていただくこと』を目標に頑張っております。


私は常日頃から『「どうして患者様が当院に来られたか?」を考えて対応してほしい』スタッフにお願いしています。

私が目指すもの、それは患者様の体の不調や不具合が日常生活に影響をおよぼさない、そんな身体作りであったり、患者様の生活環境の整備であります。

日常生活を少しでも快適に過ごしていただくことこそが私の医療の目標です。
「手術をすればいい」、「薬を処方すればいい」だけとは、決して思っていません。

どうか皆様、ほんの少しでかまいませんので私達に笑顔を見せてください。
笑顔を見せていただけると、本当にうれしいです。
私もスタッフも患者様の笑顔を見ることで、患者様のためにもっともっと頑張るという気力が湧いてきます。

笑うと心が軽くなります。
うちの看護師はよく笑います。
彼女の笑顔と笑い声が、私は大好きです。
私もつられて最近よく笑います。
何だかとても、毎日が楽しいです。

 



-----
大阪市中央区の「はやしレディース肛門・泌尿器クリニック」です。
地下鉄長堀鶴見緑地線
「松屋町駅」5番出口より徒歩2分
地下鉄谷町線・鶴見緑地線
「谷町六丁目駅」5番出口より徒歩4分

【公式ホームページ】
http://www.hayashi-lady.com/
肛門外科・泌尿器科・乳腺科・婦人科・漢方治療 
記事検索